アメリカ移民ビザ面接でDS-5540は必要? – 公共の負担(public charge)に関するアンケート Public Charge Questionnaire: DS:5540

DS-5540 アメリカ移住
スポンサーリンク

2020.2月から施行されたという公共の負担となるような移民が米国内に入国するのを防ぐポリシーに基づく書類DS-5540について解説します。これは国務省のサイトにて書類が必要になるかもしれない、との内容で記載が2020.7月末の時点まではありましたので、面接で提出を求められる可能性が少しでもあるなら、と準備をされた方は多いかと思います。

IR1ビザを取得した私が体験した実績を先に言うと、2020.8.17に東京のアメリカ大使館でビザ面接を私が受けた際に窓口で尋ねた所、面接でのDS-5540提出は必要ありませんでした。同じ頃にCR1/IR1の面接を受けられたTwitterでの相互さん達も、提出を求められたと言うのは私の知る限り聞いたことはありませんでした。

スポンサーリンク

公共の負担 Public Charge Questionnaire: DS-5540とは

アメリカ 移民 america immigrants

Photo by Nitish Meena on Unsplash

公共の負担 Public Charge Questionnaire: DS-5540とは

移民ビザの申請者がアメリカ入国後、公共の負担になる可能性が高いかどうかを審査するもので、2020年2月24日に移民局により施行されました。主として以下の内容が審査されます。

  • 年齢;
  • 健康;
  • 家族のステータス;
  • 資産、および財政状態
  • 教育とスキル;

詳細は、以下をご覧ください。

同様の内容が日本語でも見られるサイトがあります。

 

また以下のツイートにあるリンク先にDS-5540のフォームを取り出せるページが2020.7.26時点ではありましたが、そのサイトへのリンクが切れているので、DS-5540のフォーム提出が私の面接でも求められなかった事と繋がります。

 

私が準備したもの

結局このフォームDS-5540は提出不要でしたので、あくまでご参考程度です。ビザ面接で提出を求められた時のために、念の為用意して面接に臨みました。

ゆーりゃ
ゆーりゃ

DS-5540はすでに過去のものとなりつつありそうですが、

情報は少ないので少しでも何かのヒントになれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました