【働き方改革】主婦目線での在宅ワークメリット・デメリット【テレワーク・デイズ2019】

ワーママのサバイバル術
スポンサーリンク

私の勤務先はオリンピックを見据えたテレワーク・デイズの参加企業となっています。

テレワーク・デイズとは何ですか?

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府と、東京都および関係団体が連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけられています。

2017年では、約950団体、6.3万人、2018年(7月23日~27日の5日間実施)には1,682団体、延べ30万人以上が参加。2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして、7月22日(月)~9月6日(金)の約1ヶ月間を「テレワーク・デイズ2019」と設定し、テレワークの一斉実施を呼びかけています。

引用元:https://partners.en-japan.com/qanda/desc_878

勤務先が遠く、通勤時間をそのまま勤務時間に充てられたら、もっと子供の世話や家庭のことをする時間にわりあてられるのに、もっと働きやすくなるのに、ときっと働くママさんならよく考えることかと思います。

私の勤務先は、2020年のオリンピックを見据え、2018年ごろより、在宅勤務制度を本格的に導入し始めました。私も今年のテレワーク・デイズの活動として、在宅勤務を先週一週間はまるっと通しで体験しました。

在宅勤務が気になる方々のために、実際に在宅勤務をすると一日の生活がどうなるか、働く母親目線でのメリット・デメリットを共有し、もし在宅勤務をしたら、普段はどんな風に回せそうか、シミュレーションをする助けになったり、実際に在宅勤務へ切り替えるか迷う方々への参考情報を提供できればと思います。

 

スポンサーリンク

在宅勤務のメリット・デメリット

 

在宅勤務のメリット5つ

①通勤時間を浮かせられる

混雑度が高い時は通勤時に本すら読めない、スマホ画面すら眺められないという状況になりますが、そんな通勤時間を浮かせることができます。また、移動時間が浮く分、時短勤務を使わなくても、フルで稼働時間が確保できます。

②自然災害など有事の際に、子供の近くに居られる

自然災害が起こった場合、公共交通機関がまひし、自宅へ歩いて帰らなければならない可能性もあります。そんな時に、子供がいる自宅に自分がいると、安心です。

③昼休みに家事ができる

昼休憩に家に子供が居たらささっと作って食べさせたり、夕飯の仕込みをしてしまうこともできます。

④仕事に集中できる

集中的に資料作成をしたり、調査をする場合に、同僚から話しかけられることなく一人で作業に集中できます

 

⑤メーク時間削減できる

これは常にメークも完璧でいたい人にはデメリットかもしれませんが、外に出ない分、普段のお化粧をする必要もないので、時間のかかるお化粧時間を削減できます。

 

スポンサーリンク

 

在宅勤務のデメリット5つ

①家族に邪魔される

子供たちに事あるごとに「ママァ~!」と言われて何かを要求され邪魔されます。子供たちは保護者という監督者がいると、途端に甘えて自分たちでしっかりしよう、という意識もなくなるためです。

 

②オン・オフの切り替えがつけにくい

24H仕事が出来てしまう環境の為、仕事をエンドレスでだらだらしてしまいがち。
結果、家庭と仕事の境界線があいまいになり、子供のことをおろそかにしてまで、自宅で仕事に集中しすぎてしまうこともあります。

 

③勉強・読書など、毎日継続するルーチンの時間を組み込みにくい

例えば通勤時間内では読書をする、とか、ニュースをチェックする、英語の勉強をする、など、毎日のルーチンとして決めてある場合、その時間を毎日しっかり捻出して積み上げることができますが、
在宅勤務をすると、自宅とオフィス、そしてその間の移動の時間つまり、切り替えの時間がないので、勉強などの毎日の固定時間の積み上げが難しくなってしまいます。

 

④外の大人と会話ができない

長時間一人で自宅にこもって業務をしていると、気分的に鬱々としてしまうことがあります。
外に出て人と会話をするのは、よい気晴らしになっていると気づかされます。

 

⑤水道光熱費がかかる

洗面、トイレ、エアコン、自宅のものを使いますから、水道光熱費はそのまま自腹になります。

 

まとめ

結局どちらがいいのか

究極の選択として、在宅勤務のみまたはオフィス勤務のみ極端な例を考えた場合、
前者の在宅勤務を選択したいです。

子供を持って働く主婦目線で、在宅勤務のメリットはそのデメリットをカバーしてもなお余るメリットがあります

課題

総合的に見て、課題は以下に尽きると感じました。

在宅勤務における課題は、時間管理を主とした「自己管理」
ゆーりゃ
ゆーりゃ

うまく在宅勤務を活用する事で

家族のケアとキャリア継続を、

実現していけると良いですよね。

タイトルとURLをコピーしました