大丈夫!もっと楽になるためのワーママの時短テクニック13選

ワーママのサバイバル術
スポンサーリンク

ワーママも、ワーママでない人も、幸せになりたいですよね?

そのためには、人生で自分が最も大切なものを、きちんと大切にしてシンプルに暮らすことだと私は思うのです。

この記事では、大切なものを大切にするために、三児のワーママ歴8年目の私ゆーりゃが暮らしの時短のためのヒントをお伝えします。

この記事の方法で時間消費の無駄を排除することで、私は3人の子供を持ってフルタイムで働いていても、平日2時間の自分時間を捻出したり、家族と触れ合う時間を作り出しています

あなたにとってヒントになりそうなことがあれば、是非試して頂きたいです。何かの発見になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ワーママの時短ヒント

Shirley HirstによるPixabayからの画像

暮らしの中の時短のヒントをシチュエーション別に提案します。

ワーママの時短家事

献立・食材調達

1週間分くらいなるべくまとめて事前に考えて、生協やネットスーパーでまとめて注文。
なるべくスーパーへ行く頻度を下げる。
生協の魚は骨抜きなどそのままパクパク食べられる便利なものが揃っています。

以下はご参考までに、私が加入している生協へのリンクです。

料理

夕飯は前の日の晩に下ごしらえor作ってしまって、翌朝帰宅したらチンして食べるだけにする。
なるだけ子供を待たせないために。
子供を待たせて夕飯作るより、子供が寝ている間に作る方が、子供の睡眠時間もより確保出来て良い。

 

皿洗い

食洗機必須!特に子供を持って働いていると、これは無いと生きていけません。乾燥までやってくれるところがポイント高いです。

 

洗濯

子供が寝てる夜のうちに洗って乾燥まで全自動でやるか干す。翌朝そのまま取って使う。
よって全自動洗濯機も必須ですね。
梅雨時を乗り越える為にも。

 

掃除

壁面積が広く、通れる道が確保できるなら、お掃除ロボット活用すると良いです。
あるいは、ロボットでないなら、ハンディタイプのものやコードレスのものを活用して、ゴミを見つけたらササっと吸ったり。
基本的にはアレルギーなど体質による事情無ければ掃除はやらなくても死なない家事なので、緊急度という点では低いです。

 

夫への指示

家庭では、夫にやってもらいたいことがあれば具体的に指示すること。
まずは、依頼してみることです。相手がダメなら出来ないって言われて終わりだし、やってくれるなら自分の負担も減って、負担を分かち合うことができます。

 

家事の徹底時短は以下にもヒントを書きましたので、こちらもどうぞ!

 

ワーママの職場での時短術

勤務時間の管理

職場から退社するときも、自分の定刻になったら、さっと荷物まとめて、席を立って帰宅した方が良いです。
周囲の同僚たちに、自分は「時間になったらさっと帰る人」という認識を持ってもらう為です。
それにより、周りの人も自分の退社時間を気にしてくれるようになります。

むしろ人事制度として認められている時短勤務者の退社時間を気にしてくれないほうがNGなのです。
もし上司や周囲の同僚たちが意識していないようだったら、こちらから退社時間のことがあるので〜と、調整できないか相談して、気づかせてあげてください。

 

人を巻き込む

自分でタスクを抱え込まないで、チームメイトを集めて分担することが良いでしょう。

 

ワーママの勉強時間捻出術

スキマ時間活用を徹底してください。例えば、電車の中で。また、列に並んでる時、人を待っている時。
スマホアプリで、本で、勉強する手段も時間も作ればいくらでもあります。工夫次第です。

 

人付き合いの断捨離

人付き合いには時間がかかります。その付き合いは時間を投資するに値するのか、よく考えてください。一緒にいて楽しく、気づきや発見があり楽しい人との付き合いを優先することを提案します。
ネガティブなオーラを感じる人と付き合わないで。人間関係は継続的に断捨離をお勧めします。
そして、自分にとって重要ではないお誘いは潔く断ることです。

 

ワーママの時短服ローテ

2〜3着など、洗い替えに必要な分だけを普段のローテーションにして、朝着る服に悩まないようにすること。朝着る服に悩むのも時間の無駄です。アップルの故スティーブ・ジョブズ氏の考え方と同じです。

 

ワーママの整理整頓・時短術

無くしものを探すための時間程もったいないものはありません。
無くしものを探すために時間を浪費してしまわないよう、不要なものは整理して、もちものは最小限にとどめましょう。
必要な時に、さがすことなく、さっと取り出せるように。

こんまり氏も説いているように、自分を幸せにするもの、ひと、だけに囲まれるべきです。

 

ワーママは時間を買う

お金で時間を買う。お店やレストランなど行列を作っているところに行って並んだりしないこと。
空いている場所、空いている時間に行くこと。
お金で優先権を買えるなら、それを金で買う。浮いた時間で勉強する。勉強は投資。

 

まとめ

Katzenfee50によるPixabayからの画像

自分が欲しいものを得るために、幸せにするものに囲まれて、自分が幸せになるためにやるのが、ここで紹介したあらゆるものの時短です。
生活で関わる物事や人関係の無駄を削ぎ落として、シンプルで、自分が大切なものをきちんと大切にする暮らしを提案させて頂きました。

ゆーりゃ
ゆーりゃ

暮らしの整理整頓のご提案でした。

人気記事一覧

【何から始めたらいい?】ワードプレスでブログを始める方法【初心者さん向け】
【使える英語力を身につける教材とは?】おすすめ英語教材【いつでもどこでもスキマ時間徹底活用】
ワーママの年収
ロシア語勉強の歴史
ワーママのスケジュール【3児ママの一日のやりくり】
タイトルとURLをコピーしました