【レビュー】英語発音のオンラインスクール・SPアカデミーお試しレッスンを受けてみた。【発音BEFORE/AFTER】

英語発音オンラインスクール 英語学習
スポンサーリンク

英語発音の指導30年のハワイ在住の先生の発音コンサルを受けてみましたのでレポートします。

この発音スクールを発見するきっかけとなったツイートを引用します。

 

このハワイの発音指導の先生にアクセスしてみましたので、レポートします。

 

今回のレポート以外にも、以前こんな発音専門オンラインスクールのお試しレッスンを受けていますので、こちらもご参考までにご覧ください↓

 

スポンサーリンク

英語の発音レベルチェック無料診断を受けてみた

英語発音のレベルチェック無料診断の申し込み方法

Scott Perry先生のツイートはこちら。ここからLINE友達登録をして、課題テキストを読み上げた音声を送付。

 

英語発音レベルチェックの診断結果

3日ほど待つと、レベルチェックの結果が送られてきました。

結果は4とのこと。上から1~3がネイティヴレベルのようです。

英語の発音 レベルチェック結果

レベルについての説明はこちら↓

 

英語発音お試しレッスンを受けてみた

無料診断の後、フィードバックレポート+スコット先生の20分お試しレッスン(¥10,000)を申し込んでみました。自分の普段使いのVISAの楽天クレカで決済を2度心みたところ、システム側が受け付けてくれなかったので、先生にLINEで申し出たところ、PayPalで請求してもらうことができ、決済が出来ました。

 

レッスン前後の発音の比較

レポートとレッスンを受けてどう変わったか検証したいので、レッスン前後の自分の朗読音声を録音してみました。

BEFORE

発音レベルチェック無料診断の課題のテキストを読み上げ、録音してみました。(2020年1月11日録音)

AFTER

お試しレッスンを受けた後、録音してみました。(2020年1月12日録音)

ゆーりゃ
ゆーりゃ

Hmm… あまり違いがよくわからない。

お試しレッスン

前日にLINE連絡で先生とやり取りをして時間を決めた。いざ当日の定刻になってもZoomのミーティングIDの連絡が来なかったので、LINEで連絡すると、15分程してからZoomの部屋の案内が来た。

普段仕事でもZoomは使っているのに、この時はなぜかこちらの映像が先生に見えず、Skypeに切り替えてビデオ会話。かなり長らくSkypeは使っていなくて久々のSkypeでした。

20分のお試しレッスンということでしたが、結局Skypeセッションをはっていた時間だけでも52分でした。

内容を覚えている範囲内で備忘録しておきます。

英語の発音に正解は無い

正しい英語の発音はないと言うこと、世界各国の英語があるように、日本アクセントの英語があってOKであるという事。

(これについては、私はアメリカ移住して仕事を見つけるためにアメリカ英語のアクセントを身に付けたいので、ここは参考程度でした。)

日本人の英語発音

日本人の発音の癖として、息が浅く、フレーズをぶつ切りにして読むという点があげられること。

また、在米が10-20年でNYで開催した先生のクラスに集まってきた、発音が日本語発音のままである人たちの話もありました。彼らは話す内容は英語で流暢に表現できるが、発音だけがネイティヴとはかけ離れているとのこと。英語四技能と、発音は別物だというお話がありました。

ネイティヴの英語発音

ネイティブは話し始める時、日本人より深く息を吸い、 長〜く息を吐き出しつつ、その長い一息で多くの内容を発話し切る。

発音スキル向上の可能性

ネイティヴ発音に近づくための難易度を測定するという、3分程で受けられるという選択式のテストをオンラインで受けました。設問には、楽器をやったことがあるか、好きな音楽のジャンルは何か、関西出身かどうか、英語圏の人と国際結婚かどうか、ということ。

先生の30年間の発音指導の中で発音スキルの向上スピードに貢献する要素を発見されたようです。その要素を踏まえて作られたテストでした。

私の結果は三段階の中程度。中の上でした。

口の筋肉トレーニング

いくつかサンプルの単語を発音してみて、舌の位置が正しいかの確認をしました。

また、唇や口周りの筋肉を自由自在に動かせるかのチェックをしました。私は口周りの筋肉を自由に動かせないことが判明。口周りの筋肉エクササイズが必要そうです。

 

ネイティブの発音に近づけるために

レポートやお試しレッスンを受けた結果、私に必要と思われる改善点は以下です。

✔︎ 深く息を吸って、区切らず一息に話す
✔︎ 抑揚やリズムを付ける

やるべき練習は、

✔︎ 口の周りの筋肉エクササイズ
✔︎ ネイティブの喋りをシャドーウィング

 

まとめ

意識の変化

レッスン後の変化として、ネイティヴの喋りを聞くときに、どこで息継ぎをどれくらいしているか、一度の息継ぎの後、一息でどれくらいの量を喋っているか、について意識して聞くようになりました

これはコンサルを受けてフィードバックをもらったことの1つの収穫といえます。例えばYouTubeチュートリアルや、本を買って黙々延々と自習したところで、自分のスキルへの専門家のフィードバックが無い限り、気づきを得ることができません。フィードバックを得る機会は宝です。

他人にすすめるか?

10,000円の価値は私はあったと思います。先生自ら1on1で、例えオンラインであっても、1時間以上の拘束をしたと考えると、その値付けは正当であると私は感じています。

そして、アメリカ英語のアクセントを身に付けたい方には、私はおすすめしたいです。

今後の計画

この先生のコースとして、20,000円〜220,000円といった幅でいろんなレッスンが用意されていますが、それらの受講はしないでおきます。

今後しばらくやってみようと思うのは、今回得たアドバイスを元に、YouTubeで公開されているアメリカ英語のチュートリアル動画を見漁って自主練を積むことです。自主練の時には、いつも自分の喋りを録音して、聴く、というのを繰り返しやっています。

 

ゆーりゃ
ゆーりゃ

以上です。ご参考になれば幸いです。

人気記事一覧

アメリカ移民ビザタイムライン【家族に基づく移民ビザIR1の場合】
初心者がロシア語を独学するためのおすすめ参考書【単語集・文法書など】
ロシア語検定4級対策のポイントをわかりやすく伝授
ロシア語の辞書の定番おすすめ5選!決定版【メリット・デメリット】
ロシア語検定2級に最短で確実に合格するための方法を解説

タイトルとURLをコピーしました