【無料・英語発音矯正アプリ】発音博士レビュー【メリット・デメリット】

英語学習
スポンサーリンク

英語学習をしていれば、発音は日本語カタカナ発音から脱却して、ネイティブ並みになりたいとはほとんどの方が望んでいることと思います。
発音は自主的な練習次第で、日本語話者ならではの発音の癖に気づいたり、改善することができます。
なぜなら、私も実際に自分で練習して発音の評価が少しずつ改善しているからです。
この記事では、英語の発音練習・矯正アプリの費用、特徴、メリット・デメリット、どんな人に向いているか、を解説します。
この記事から、この英語発音アプリがあなたに必要な条件に合っているかどうか、あなたに向いているかどうか知ることができます。

スポンサーリンク

アプリを使うための前提条件

このアプリを使うための条件を先にお伝えします。

対応スマホ機種

iPhoneのみ対応です。
以下のリンク先からダウンロードできます。

 

費用

最初のアプリ取得は無料です。

そしてコンテンツも「基本100英単語」、「月·曜日·数の英単語」のみ、無料です。

それ以外の以下は有料です。

中学英単語パック ¥720
中1英単語 (400語以上)  ¥360
中2英単語 (400語以上)  ¥360
中3英単語 (400語以上)  ¥360
L, Rで始まる英単語(50語以上)  ¥120

3学年分まとめ買いで割安、また学年別に個別購入が可能。

ちなみに有料コンテンツを購入後、アプリを削除してまた入れ直した場合、設定から過去に購入したコンテンツを

設定→購入データ復元

から復元する事ができます。

 

特徴

 

また、以下の1分15秒の公式動画で、アプリの見た目や超概要を知ることができます。

[iOS] 発音博士(無料) – 軽快なレスポンスで発音ミスを可視化、スキマ時間に英語発音学習。

 

練習問題の内容

まずは画面です。以下の項目があり、「基本100英単語」、「月·曜日·数の英単語」のみ、無料です。

 

基本100英単語のリストです👇

 

使い方

①まずお手本の発音が流れます
②正しい発音記号が表示されます
③右下のスタートボタンを押した後
④自分が発音し
⑤自分の発音が発音記号に自動変換されます
⑥正しい発音記号の羅列との違いが強調され、発音を間違った箇所を指摘してくれます

 

⬇︎正しく発音できていると判定された場合。

 

⬇︎一部の発音が誤っていると判定された場合。

誤っている部分の発音記号が強調表示されます。

 

 

使用する発音記号を選べる

表示する発音記号を

設定→発音記号の種類

から、

  • 日本人は学校英語でもおなじみのJones式
  • 国際標準の標準IPA

の2択から選択できます。

 

自分の発音の記録

お手本の発音と記録された自分の発音を聞き比べできます。

自分の発音は1つの単語・フレーズにつき、過去4回分まで記録できます。

 

主に単語・フレーズのみ収録

練習するお題として収録されているのは、単語・3語前後が連なった短いフレーズのみで、文章がありません。

 

判定精度

正直言ってしまうと疑問です。

判定された発音記号や結果の点数は、あくまで目安というくらいに思っておけばよいでしょう。

 

レベル

こんな人に向いています

中学生レベルの英単語を主に含みますので、英語を勉強し始めた初心者

 

こんな人には向いていません

目安としてTOEIC600点くらいで、ある程度文章の組み立てをして話すことができる人

 

まとめ

アプリの概要をまとめます。

✔ iOSのみ対応
✔ 制限付きで無料で使える
✔ 初心者向け
✔ 主に単語のみの練習
✔ 発音精度は微妙

 

ゆーりゃ
ゆーりゃ

ご参考になれば幸いです!

 

タイトルとURLをコピーしました